今あたしが見てるもの、聴いてるもの、触れているもの、
感じていること、考えていること、一緒にいる人、
きっと全部が幸せな偶然
すべてはきっと、気の持ちよう
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
たび
もうすぐ10月、長かった夏休みも終了。
というわけで、夏休み最後の思い出作りに香港旅行☆
忙しくてわりと珍道中な旅路でしたが、大満喫してきました。
香港、いいよ。楽しいね。
また行きたいー♪
せっかくなので、ぼちぼち総括してみましょう。
あ、長いよこの記事。


初日。
格安ツアーのため、遅い便で出発なのです。
だいぶ余裕を持って家を出て、乗換案内通りの電車に無事乗車。
でも、なぜか電車が成田空港のすぐ手前、成田駅で終着を迎える。
実は途中で乗り換えなきゃいけなかったのに、すっかり忘れてて…
早くも珍道中の予感。笑
それでも予定より30分遅くなっただけで済みましたが。


あたし達も遅れましたが、飛行機も遅れてくれました。
機材が到着してないとかで、結局30分遅れぐらいで離陸。
うちらの貴重な香港デイズを奪わないで欲しかった…。笑
聞いたことない航空会社だったからちょっと不安だったけど、
とっても快適な空の旅でした。
モニターは一人一つだし、機内誌の中国語を見てるだけでおもしろい。
特にうちらのツボにはまったのは、「部分成員」と「西洋経典」。
そしてそして、機内食のデザートはハーゲンのアイス!
もうそれだけで幸せー。
香港までは4時間ぐらい。
あっという間のフライトでしたとさ。


香港に着いたら、迎えてくれたのは百万ドルの夜景!
もうね、ホントにキレイなの。
キレイっていう拙い言葉で表現するのが申し訳ないぐらいの光景。
空港からホテルに行くまで、ひたすら興奮してました。笑
その道中、衝撃の事実が発覚しましたが…
それは、ガイドさんがいいレートで両替をしてくれること!
日本国内で香港ドルに両替するとレート良くないとは聞いてたんだけど、

うちらは現地到着が夜=銀行とかが閉まってる=両替できないし、空港もレートがいまいち
香港ナイトは長い=やっぱり着いてから遊びたい=日本で両替するしかない

っていう思考回路で、日本で両替しちゃってたのね。
なんという事実…悲しくなりました。
香港に行く予定の皆さん、現地の係員が両替してくれるか確認した方がよいですよ。笑


しかし、それにもめげず気を取り直して遊びに行くことに。
この日はホテルからわりと近い、銅鑼灣に行きました。
ストリートマーケットをちら見したり、タイムズスクエアに行ったりして、
お待ちかねのご飯タイム♪
本日のメニューは麺&お粥のお店でございます。
あたしが食べたのはプリプリの海老が入ったワンタンメン。
麺はビーフンっぽい細いものなんだけど、なかなかうまい。
思わずスープを飲み干すところでした。
しかも安い!
25香港ドルだから、日本円で370円ぐらい。
庶民の味ですな。
安上がりな夕飯で満足してるうちらを誘うかのように、お隣にはスウィーツのお店が…
ええ、もちろん行きましたとも。
メニュー見ながら目移りしまくった挙句、決めたのがこの子。
20060929_232826.jpg
多芒小丸子ちゃんです。
まずネーミングが可愛い。小丸子って!
可愛いだけじゃなくて、おいしい。
マンゴーソースの中にマンゴーアイスと白玉、角切りマンゴーが入ってらっしゃるこの子。
大満足でした。
次の日は朝から観光ツアーなので、この日はこれでおしまい。


2日目。
朝起きてみると、ホテルが市場のど真ん中にあることに気付きました。
8時ぐらいから、すでに活気に満ち溢れてるの。
八百屋さん、お肉屋さん、パン屋さん、その他もろもろ…
あたしはすっごい好きな雰囲気でしたよ。
豚の半身がその辺をあるいてるのには驚いたけど…


そこから車で移動して、郊外の浅水湾ビクトリアピークへ。
浅水湾は街の中心部のざわめきがウソのように感じられるぐらい静かで、
セレブな雰囲気が漂ってました。
実際、香港セレブの別荘地だったりするらしい。
その風景を見て、香港富豪と出会いたいっていう妄想を抱くうちら。笑
そんな妄想をしつつ、ビクトリアピークから香港の市街地を見下ろしました。
上から見る摩天楼もけっこう乙なものですよ。



その後は同じツアーメンバーのおばちゃん軍団がランチの飲茶にがっつく姿に圧倒されたり、
宝石店とシルク店で冷ややかになってみたりしながら黄大仙へ。
黄大仙は道教のお寺。
中秋節がもうすぐってことで、張り切って飾りつけがしてありました。
もともと赤が多く使われてる建物な上に装飾が加わって、派手派手。
黄大仙ではたくさんの人たちがお供え物を持って、お参りに来てました。
ギャル男からおばあちゃんまで、老若男女問わず。
しかもみんな真剣。
その姿に、何か圧倒されてしまいました。
伝統を大切にするっていうと大げさかもしれないけど、
若い人も普通に来てお参りしてるなんて日本じゃあんまりないからね。
そういう姿勢もいいなぁってちょっと思ったり。


黄大仙では、占いが有名ってことでうちらも占ってもらうことに。
おみくじ占いにチャレンジ。
何を知りたいかを念じながらおみくじを引いて、占い師の人に解説してもらうの。
半信半疑だったんだけど、意外と当たっててビックリ!
ちなみに来年からの仕事運を聞いてみました。
そしたら、仕事運はいいってさ☆やったね。
あたしの進路選択は間違ってないみたいです。
よいけど、いろいろ気をつけるべきことを言われました。

「君はself-centeredなどころがあるでしょ。しかも苦手な人を避けがち。
でも、それではダメで、苦手な人ともうまく付き合うよう心がければ、
交友関係がもっと広がってより仕事がうまくいくよ」

だそうで。
自己中だなんて一言も言ってないのに、ズバっと当てられてビックリ。
そういう傾向、確かにあるのよね…気をつけます。


占いの待ち時間には、手相を勉強したっていうガイドさんに手相を見てもらいました。
これまた当たってるの!

「感情線がたくさんの線で構成されてるのは、気持ちが複雑な証拠。
いろんなものに目移りして、何がいいか決められないでしょ」
「頭脳線の先が枝分かれしてるね、これは妄想好きということ。」
「生命線が途中で分かれてるから、30年後ぐらいに大病するかも」

だそうで。
これまた自分の性格については一言も言ってないのに、占われてしまいました。
当たってるね…当たってるよ。
愛情線もわりとたくさんあるのに、複雑な感情のせいで決められないみたい。笑
頑張りまーす。


黄大仙で占いを満喫した後は、免税と漢方薬店。
免税では福引をやってて、あたしは50香港ドル分の金券をあてましたとさ。
まりさんは漢方薬店で衝動買いしてました。笑


ここでツアーはおしまい。
夕方からはまりさんと二人でブラブラ街歩き。
香港のアキバ(=電気街)に迷い込んだり、

香港の日暮里(=生地街)に迷い込んだり、
エッグタルトを食べたり、
20060929_232833.jpg
牛乳プリンを食べたり、
20060929_232834.jpg
小鳥用のペット用品を扱う愛鳥家の楽園に迷い込んだり、
お花屋さんの連なる小道を歩いたり、
香港のいろんな面を見たような感じ。
ちょっと歩いただけで、庶民的なんだけどおもしろい風景に出会えるのがいいよね。
気取らないけど、迷い込んでみると楽しい。
そんなひと時でした。


あれやこれやで時間も経って、お待ちかねのシンフォニー・オブ・ライツのお時間に。
シンフォニー・オブ・ライツとは、有名な光と音のショーで、
海沿いに建つ高層ビル群がライトアップされるイベント。
どんなもんかと思ってたけど、予想以上にすごかった!
音楽にあわせてビルの外壁のネオンライトがついたり消えたり、
どこを見たらいいのかわかんなくなるほどのまばゆさ。
街全体が一つのテーマパークになったかのような一体感でした。
香港にビルを建てるのってハードル高いんだなぁって思った瞬間でもあり。笑
来て良かったなぁってまりさんと二人で感動。
感動した後に、ジャッキー・チェンの手形にはしゃいだり、
ブルース・リーの銅像のモノマネに走ったりしてたけどね。笑


しかし、ここで終わらないのが香港ナイト!
ナイトショッピングへとなだれ込みました。
まずはプチ水族館のような金魚街で香港の金魚人気を体感。
ようするに金魚とか熱帯魚を扱うお店が集まってるところなんだけど、
ビニール袋に入った金魚が普通にラックに吊るされて売られてるのにはビックリ。
そして、そのまま有名な女人街へ。
ここは女性向けの服とか小物を扱うストリートマーケット。
いやー、これが楽しい楽しい。
途中あたしが極度の体調不良でしばし休憩をとるというアクシデントはあったものの、
たぶん2時間近く女人街にいたよね。笑
いつもの3人組の中で今回お留守番のゆっきぃへのお土産探しに燃えたり、
欲しいものを頑張って探したり。
まりさんはわりと普通でしたが、あたしは値切りにがっついてました。笑
だって、頑張ればおもしろいほど安くなるんだもん。
言い値に負けてはいけません。あたしはしつこいのさ。

結局ピアスとベルト、パンプスを買ったんだけど、
ピアス…48香港ドル→たぶん40香港ドル
ベルト…49香港ドル→35香港ドル
パンプス…190香港ドル→70香港ドル
にまで値切りましたとさ。
ほくほくですよ。


女人街を堪能したあとは、やっと遅いディナータイム。
香港は夜食文化が盛んみたいで、夜遅くまで普通にレストランが開いてるんだよね。
滞在二日目にしてすでに香港かぶれになってたうちらは、10時半ぐらいから夕食に突入。
本日のディナーは、香港のファミレス的なお店でお粥セット。
コーンと栗のお粥におかず一品と点心がセットになって36香港ドル。
日本円でおよそ540円。これまた安い!
20060929_232835.jpg
あたしは鶏と椎茸の炒め煮と、小籠包をオーダー。
20060929_232846.jpg
満腹でした。


満腹とか言っておきながら、ガイドに載ってて一目ぼれしたスウィーツのお店が
夕飯食べた店の近くにあるということで向かううちら。
しかし、目的のお店がない…つぶれた!?
残念だけど、スウィーツ食べたい欲は止まらない!
というわけで、初日にも食べたスウィーツのお店(チェーン店)でジュースを購入。
マンゴーとアロエとココナッツのジュース。うまー。


そんなこんなで、旅人にはあるまじき終電間際。
どれだけ地元に定着してるんだか。笑
女人街ぐらいから上がったテンションは部屋に帰っても下がらず、
そのままガールズトークで盛り上がる。
結局寝たのは深夜3時ぐらい…ご利用は計画的に。


3日目。
この日は朝一で文武廟というお寺に寄ってから、香港ディズニーへ。
…のつもりが、前日の夜更かしがたたって起きたら9時半。。
マッハで支度して、一路香港ディズニーへ。
ディズニーマニアなまりさんのテンションがガンガン上がっていって、
あたしは若干どうしていいものか戸惑う。笑
でも、パークに入ったらあたしも楽しくなったわけで。
ディズニー好きだからね。
お城は小さいし、背景はあんまりキレイじゃない山だけど、
意外といいんですよ、香港ディズニー。
「しょぼい」とか「つまらない」って噂を聞くけど、あたしは楽しみました。
ご飯もおいしかったし。笑
これはお昼に食べた、BBQポーク乗せご飯。
20060929_232847.jpg
ジャスミン茶がサービスでつくんだけど、そのカップがまた可愛い。
思わずお持ち帰りしちゃいました。


さて、香港ディズニーの感想。(ネタバレ含む)
まずね、キャラクターにいっぱい会える。
東京じゃありえないぐらいの頻度で出会えるのよ。
しかもアメリカ方式で、キャラクターにちゃんとキャストが同行してて、
ゲストの整理をちゃんとするから東京みたいに争奪戦にならないのね。
うちらはミッキー&ミニー、チップ&デール、プルート、ベル、オーロラと記念撮影。
ミッキーにはハグしてもらえるし、チップ&デールはハイテンションだし、
満足、満足。


アトラクションは、東京と同じかと思いきやそうでもない。
ジャングルクルーズでは普通にビビったし、
プーさんのハニーハントも新鮮。
バズのアストロブラスターでは、まりさんが高記録をたたき出し、
宇宙突撃隊に任命されるし。笑
ちなみにあたしは太空偵察隊でした。
スペースマウンテンはBGMつきで、テンションが上がる上がる。
フィルハーマジックは、何回見ても幸せな気分になれるし。
そんな感じで大物は制覇したのでした。


んで、香港はアトラクションだけじゃなくてショーがすごいの!
まず、「ゴールデン・ミッキー」っていうショー。
これはディズニー映画のキャラクターたちの功績を讃えるみたいな設定なんだけど、
人気キャラクターのオンパレード。
歌うわ、踊るわ、ビックリするわ、感動するわ。
ディズニーランドの中だからって侮れない、レベルの高いショーです。
(いや、ランドの中だからこそクオリティ高いのかも)
野獣が変身するシーン、ホントに感動した。
ムーランがフィーチャリングされてるあたり、さすが中国。
そして、あたしはステキな肉体をお持ちのターザンに惚れました。
去年もフロリダでターザンに惚れたなぁ。
どうやらあたし、肉体美に弱いみたいです。笑

お次は、「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」。
あたしの中では、香港ディズニーベストアトラクションかも。
フロリダでも同じ名前のショーを観たんだけど、内容は全然違ってた。
香港のはストーリ性に富んでて、おもしろい。
これまた歌あり、ダンスあり、シルク・ド・ソレイユばりのパフォーマンスあり。
あの演出にはビックリしたし、ヤングシンバが爽やかでまたまた惚れました。笑
一見の価値ありなショーですよ、奥さん。


そして、忘れちゃいけない花火、「ディズニー・イン・ザ・スター

これは音楽と花火だけじゃなくって、レーザーと映像も使ってかなり豪華。
いやいや、満喫しましたよ。
香港ディズニーのおもしろいところは、閉園7時ってなってるのに7時から花火やるところ。
花火のあとも普通に買い物できるし、一向に閉まる気配がないんだよね。
うちらがパークを出たのも、結局9時近かったし。笑
そんなこんなで、思った以上に楽しかった香港ディズニーでした。


オタクなまりさんは大量のお土産を抱えているにも関わらず、
遊び足りないうちらは再び銅鑼灣へ。
タイムズスクエアの中にハーゲンダッツのショップが入ってて、
そこで期間限定の月餅アイスが売ってるって聞いたものでね。
結局月餅ハーゲンは7個入りだってことで断念したんだけど…
ハーゲンでがっかりして、お腹が空いてるうちら。
初日のワンタンメンの味が忘れられなくて、再び同じお店へ。笑
今回は水餃子麺にしてみました。
20060929_232849.jpg
これまたプリプリの海老が入ってる上に、キクラゲで食感もいい☆
またもスープを飲み干しかけました。笑
そして、ここまで来たらお決まりのコースをたどるわけです。
吸い寄せられるように、お隣のスウィーツ店へ。
マンゴーじゃないものも食べてみようってことで、香港風のお汁粉をチョイス。
20060929_232851.jpg
小豆とココナッツミルクがシャーベット風になってて、さらに白玉がイン。
おいしゅうございました。
結局このお店には3日間通い詰めたうちらでした。笑


最終日。
朝5時起きで空港へ。これが格安ツアーの定め。
しかし、また機材が届いてないとかで結局1時間フライトが遅れることに。
お詫びのミールクーポン(50香港ドル)で丸め込まれました。笑
スタバ(星巴克って書くらしい)でコーヒーとパンを買ったんだけど、
これで50ドルちょうどぐらい。
タダ食い万歳☆
まりさんが買った中国語版miniを読んで楽しみつつ、日本に帰ってきたのでした。


以上、この夏最後の旅総括でした。
要約すると、食べ過ぎたってことだ。笑
お粗末さまでした。


おまけ。
香港で見た面白いもの、香港で感じたこと。
・出前一丁大人気!
20060929_232855.jpg
コンビニの光景ですが、棚の大部分を出前一丁が占めてます。
カップのほかに、袋入りの麺もありました。袋入りの方が種類が豊富。
我が家へのお土産は、3種類の出前一丁(袋入り)です。笑

・香港版細○数子!?
20060929_232854.jpg
やたら宣伝されてた、「2007年あなたの運命」本。
中国語が分かったら、中身も読めたのになぁ。

・いろんな国の人がいること。
欧米人はもちろん、今はフィリピンの人も多いんだって。
なぜなら、香港人の家庭でメイドとして働いてるから。
海外からの労働者を受け入れてる光景、日本もこうなるのかなって思いました。
いろいろ問題もあるだろうし、もろ手を挙げていいって言うことはできないのかもだけど、
受け入れる光景が自然になればいいなって。

・いろんな言葉が飛び交ってること。
ぶっちゃけ、アメリカより英語使った気がします。笑
4日いるとあんまり抵抗がなくなってくるし、
2人旅だと頼れる人も多いわけじゃないから、自分達で発していかなきゃいけない。
英語を使ういい訓練になったのかも。
あと、中国語にもいろんな種類があるっていうのを体感してきました。
夏合宿のときに、中国からの留学生の院生に聞いてはいたけど、
実際に自分の目で確かめてみると不思議な感じでした。
ディズニーでも、広東語、英語、普通語の3種のアナウンスが流れてたし。
アナウンスを別にしなきゃいけないほど、伝わらないものなのね。
中国は奥が深いですね。


以上、四方山話でした。


明日から現実…頑張ろう。

たび comments(6)
スポンサーサイト

- -
Comment
おかえりー!そしていいな香港!私もいきたい。
読んでてうらやましくなりました・・・
また近いうちに遊んでね☆

From.hiroko 2006/09/30 9:30 AM


マレーシアも出前一丁人気だったよ笑 何故?

あ、このブログのタイトルってジョンキューザックとケイトベッキンセール主演の??

いい映画だったよね☆(違ったりして・・・笑

From.co 2006/09/30 11:29 AM


centreってなってるところがイギリス領臭さを漂わせてていいね♪

From.sesemo 2006/10/01 12:58 AM


あー、なんか書かなきゃいけないことが全部書いてあるから
ウチのブログに100%コピペしてもいいかな?笑

つぅかよく値段まで覚えてるね。
大事なネタが記憶からだんだん薄れててヤバい(´Д`;)
早く書かなきゃ。。
もー、あたいはヲタ記事に専念しようかな。
コピペは嘘だけど、リンク貼らせてもらうわ。多謝。笑

土産の仕分けに苦労してます。。

From.まりとみ 2006/10/02 2:21 AM


うわー!おいしいものいっぱいですね(゜Д゜)
明日きむこさんにお会いできるのを楽しみにしていまーす!

From.よしい 2006/10/02 11:51 AM


>ひろこ
帰ってきたよ!出発前はメールありがとでした☆
あんな拙い文章で香港のよさが伝われば光栄。
ひろこは台湾行ったんだよね?
英語もチャイ語もできれば恐いものなし!
ぜひお行きになって♪
あ、ビゲを尋ねて京都ツアーしたい!

>こう
マレーシアでも人気なんだ!
てことは、アジア圏で人気なのかね?
不思議ー。

ブログのタイトルの件はね、お察しの通りよ。
映画のタイトルでもあり、
あたしの好きな雑貨屋さんの名前でもあり…
響きも好きだし、意味も好きなんだな。

>ももちゃん
そうなんだよねー。
意外と街中にはcentreが溢れてました。
他の単語は見つけられなかったけど、
もしかしたらprogrammeとかなってるのかもね。

>まりさん
ほら、あたしはひたすらネタをメモってたからさ。笑
これでも書き損ねたネタがあることに気付いたけど!
許留山のスローガンとか忘れてたし…
うまく書けないもんですね。
あなたの日記に期待してる☆
あ、コピペはいくらでもどうぞ。笑

お土産仕分けファイツ☆
ゆっきぃへのお土産はあたしが渡してしまってよいことになったんだっけか?

>よっぴー
しばらく練習行かないですまんね…
異国の地で食い倒れてました。苦笑
明日、お詫びにお土産献上しに行きますよ。

From.きむこ 2006/10/03 12:12 AM











/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
OTHER
qrcode



-ブクログ-



First Message m-CABI (初回限定盤)